石橋を叩けば渡れない-万端の準備をしている間にチャンスを逃すかも

石橋を叩けば渡れない

 

何か新しいことを始めるときには、大きな決断と勇気が必要です。

チャレンジする前に、不安はつきもの。

「よし!これに挑戦しよう!」とせっかくやる気になっても、もう一人の自分が、「失敗せずに出来るかな?」「もし上手くいかなかったらどうしよう・・・」という言葉をかけてきて、ストップをかけることがあります。

でも、この不安な声を聞いていては、新しいことは一つもできません。

不安な声に打ち勝ち、思い切って進む勇気が必要になるのです。

今日の記事は、日本初の南極越冬隊、第1次南極越冬隊長となった西堀栄三郎氏の著書、「石橋を叩けば渡れない」からご紹介します。

 

 

「知らぬが仏」で突き進む勇気

 

 

やるかやらないかを決心する前に、こまごまと調査すればするほど、やめておいた方がいいんじゃないかということになる。

“石橋をたたいて渡る”とか”渡らん”とかいうけれども、石橋を完全にたたいてから、渡るか渡らんか決心しようなんて思っていたら、おそらく永久に石橋は渡らんことになるだろうと思います。

完全にリスクを防止できる調査なんて、できるはずがないのです。新しいことには、リスクがつきもので、だからこそ新しいのです。(中略)

むしろ新しいことをやる決心は、「知らぬが仏」とか「盲蛇」とかいわれるようなのがよいのです。

 

 

西堀氏は、誰も想像すらできなかった場所へ行った最初の日本人。数々の試練・難題を乗り越えられた方です。

新しいこと、革新的なことをやるには、自分は出来ると信じる自信と、その自信を超越する、やろう!という勇気が必要だと述べられています。

 

 

「人事をつくして、天命をまつ」という言葉、「案ずるより産むが易し」という言葉は、すべて勇気をださせるためのものなのです。(中略)

「成せば成るのである」ということは、暴言でもむちゃでもないのです。たとえ、途中で困難や危険があろうと、また論理や経験からは不可能だと思われようと、「カン」という第六感的洞察によって、可能性の見通しがつくこともあるのです。

また一見、見通しがつかないときにこそ、「窮すれば通ず」のたとえのように、創造性が必要であり、また出やすいときですから、できる、と信ずることが、道をひらいてくれることになるのです。

石橋を叩けば渡れない(西堀栄三郎)

 

 

とりあえず行動を起こし、やりながら考える

 

ものごとを始める前に、色々な方向からのリスクや状況を想像し、対策を前もって考えるのはもちろん大切なことです。

ただ、それをいつまでもやり続けたところで、絶対に大丈夫ということはないのです。

いくら準備万端でも、全く予期しなかったことは起こり得ます。

 

いつまでも準備万端にすることに一生懸命になり過ぎると、始める機会を逃すことになります。そこに大きなチャンスが隠れているのかも知れないのに・・・

 

チャンスを逃さないためにも、ある程度のところで見切りをつけて、まずは行動に移す勇気が必要です。

実際に始めてから、起こったことに対応して行けば良いのです。

 

始める前に、「色んなことが起こり得るんだ」という心構えがあれば、予想しなかったことが起きても、心構えができていますから、起きたことに対して立ち向かうことが出来ます。

 

「私は準備を万端にしたから絶対に大丈夫だ!危険なこともすべて予想した」という態度でいると、予期しなかったことが起きた時に、全く心の準備ができていませんから、大パニックに陥ってしまうのです。

 

新しいことを始めるのに、準備を100%万端に整えるなんてできないのです。

 

このことを頭に置いておけば、まずは一歩踏み出せるのではないでしょうか。

何か起きたら、その時に考えれば良い。

 

これくらいの気持ちがないと、「勇気」や「自信」はいつまでたっても顔を出してくれません。

そして、上手く行かなかったとしても、そこから必ず学ぶものはありますから、次に生かせばよいのです。

起こること全てに意味があり、それは必ずあなたの役に立つと考えることで、どんなことも「経験」としての価値を見出すことができます。

 

 

それでもまだ勇気が出ずに迷っているあなたへ

 

ここで、コーチングで使う質問をします。

 

「このままの状態が一年続いたとします。一年後もあなたは、今日のあなたと同じ状況だとしたら、どう感じますか?」

 

「1年後のあなたは、今のあなたにどんな言葉をかけますか?」

 

どんな答えが出るでしょう?

もしあなたが、1年後も今日と同じ状況で構わないという場合には、それほどやりたいことではないのでしょう。

 

もしこのままだとした場合に、後悔する気持ちが出てくるのだとしたら、どんな小さなことからでも良いので、今すぐ行動に起こしてみてくださいね。

 

急に大きなことを始めようとすると怖いかも知れません。でも、今できることは何か?を考えると、意外とスムーズに行くかもしれませんよ。

 

小さなステップからで良いのです。とにかく動くこと、行動を起こすことで、次のあなたのステップへと繋がます。

 

私も実際に、クライアントさんから、その大きな変化を見せて頂いています。

最初は「そんなの自分にできるわけがない」と思い込んでいたものが、コーチングのセッションごとに少しずつできることから始め、最後には、本人が想像していた以上の力を発揮しているのです。自分にはできないと思っていたことも、少しずつ、できることから計画を立てて行動を起こしていくことで、その積み重ねが最終的に大きな目標達成へと繋がっています。

 

私は、クライアントさんがいくら「私にはできない」と言っても、「今はまだできないかも知れないけど、いつか絶対にできるようになる」とクライアントさんの力を心の底から信じてコーチングをしています。

このことがクライアントさんの力となり、やる気やモチベーションにも繋がっているのだと感じています。

 

私たちは、「ここまでだ」とリミット(制限)を設定してしまうと、本当にそこまでしか力を発揮することができません。

これは本当にもったいないことです。

ここまでだと設定されたリミットは事実ではなく、あくまであなたの心構えを現したものだからです。言ってみれば、想像の世界です。

 

「どこまで行けるかやってみよう!」「まだまだこれからだ!」という気持ちが、新たなパワーを生みます。

今までに何度も書いていますが、私は人間の無限の可能性を心から信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA