どっちにする?迷った時に絶対に使えるとっておきの方法

生きていれば、どちらにするのか決めなければならない場面にたびたび出会います。

毎日何気なく決めていることも、私たちは与えられた選択肢の中から選んでいます。簡単に選べるものもあれば、なかなか決められないこと、人生を左右するほど重要な選択を迫られることもあります。

 

やるのかやらないのか、行くのか行かないのか、オファーを受けるべきか断るべきか、続けるのか止めるのか、引っ越すのか引っ越さないのか、転職するのか今の仕事を続けるのか、別れるのか別れないのか・・・・・

 

二者択一を迫られたけど、何度考えてもどうしたら良いのか分からないときや、どっちを取るべきか迷い過ぎて分からなくなったときに使える、とっておきの方法をお教えします!

私がコーチングで使うツールのひとつで、これを使うとクライアントさんの考えていることが非常に明確になります。

 

この方法を使えば、あなたが本当は何を思っているのかがクリアになり、今何をするのが一番なのか、答えが出てきます。

下に私が作った表もPDFでダウンロードできるようにしてありますので、二者択一で迷った時にお役立て下さい。

 

どちらにするか選択肢に迷った時に使えるすごいツール

 

 

AかBかの二択で迷っている時、頭の中だけでいくら考えても、グルグルと堂々巡りをしてしまいます。まずは紙に書き出しましょう。

書き出す作業をすることで、今あなたが考えていること、思っていること、気持ちを羅列し、少し引いた視点から見ることができます。

私たちの思考は言葉にすることでクリアになる性質を持っていますので、ただ書き出す作業だけでも頭の中だけで考えていた時よりもだいぶクリアになりますが、さらにここから進んで、モヤモヤを解消するために使える質問シートをご紹介します。

どちらか迷ったときに使える質問シートをダウンロードしてプリントアウトするか、もしくはA4サイズの紙・ノートを用意して、リンク先にあるように1ページを4つに区切り、それぞれに質問を書いて下さい。

 

どちらにするか迷っている時に使える4つの質問

1. そのことをやることで起こる(起こると予想される)、ポジティブなこと、良いこと、嬉しいこと

2. そのことをやることで起こる(起こると予想される)、ネガティブなこと、嫌なこと、悪いこと

3. そのことをやらないことで起こる(起こると予想される)、ポジティブなこと、良いこと、嬉しいこと

4. そのことをやらないことで起こる(起こると予想される)、ネガティブなこと、嫌なこと、悪いこと

 

それぞれ4つのマスに入ることをよく考えて、思いつくままに全て書き出します。

また、パソコンやスマホで文章を打つのではなく、必ず手書きで書き出すことをオススメします。パソコンやスマホでは文字を打つ作業、漢字を変換する作業など不必要なものが入って来てしまい、本能のままに書き出すことの妨げになるからです。

手書きであれば、感じるがままに平仮名でもカタカナでも気にすることなく書き進めることができます。人に見せるものではありませんので、あなただけが分かればよいのです。思いつくままにどんな小さなことでも書き出しましょう。

 

 



 

二者択一・迷ったときに使える質問シートの使い方

 

全てのマスに書き込み終わったら、一度全体を俯瞰します。少し距離を置いた視点で全体的に眺めてみてください。

次に以下の質問をあなたに問いかけます。

 

1)全体を俯瞰してみて、どのように今感じていますか?

2)1番のマス(やることで得られるプラスのこと)と、3番のマス(やらないことで得られるプラスのこと)を読み返してみて、どちらの方がワクワクしますか?

3)2番のマス(やることで起こるマイナスなこと)と、4番のマス(やらないことで起こるマイナスなこと)を読み返してみて、どちらの方が嫌な気分、ネガティブな気分になりますか?

4)2番のマスと4番のマスに挙がったことを一つずつ見ていき、以下の3点を考えてみます。

・解決策はないだろうか?
・もし解決策があるとすれば何だろう?
・ポジティブに捉えるとしたらどうなるだろう?

5)再度リストをよく眺めて、どう感じるか書き取ります。

 

上に挙げた5つの質問を全て答える必要はありません。2番目や3番目で大体答えが見えてくることが多いからです。

5番まで答えるとほとんどはっきりと、AかBのどちらかがわかると思います。

また、時間をかけてもよい決断の時には、少し日にちを置いてから同じ質問をしてみるのもおすすめです。

 

下の画像は、独立するかサラリーマンを続けていくか迷った方を例として作ったものです。

 

 

この方の例だと、2番のマスに「毎月決まったお金が入るとは限らなくなる」というものがあります。

これに対して上の質問4、解決策を考えてみます。

例えば:

・まずは副業としてできないだろうか?

・今の会社をやめて生活するためのお金が必要となった場合、アルバイトをすることは自分の中でOKだろうか?

・他の収入源はどうだろう?

 

4番のマスには満員電車での通勤が嫌だとありますが、これに対しても、例えば時間をずらして早く出勤するという解決策はどうだろう?と考えることもできます。

 



 

選択肢はAとBの2つ以外にもあるかも知れない

選択肢は2つだけではなく他にもあるかも知れない

 

この質問リストのさらに良いところは、最初はAかBかで迷っていても、新しくCという選択肢を見つけることができる点です。

それは、AとBの間にあるもの、もしくは全く別のところにあるものかも知れません。

例えば上のサラリーマンの方の例ですと、サラリーマンを続けるか、やめて独立するかの二択でしたが、ネガティブなところから解決策をみていくと、「焦らなくてもまずは副業としてやる方法がある」ことが見つかります。

これは新しく見つかったCという選択肢です。

 

頭でどうしようかと悩んでいるばかりでは何も始まりませんし何も変わりませんが、まずは副業として動き出すことで、徐々にさまざまなことが見えてきます。その後にはっきりと決めても良いのです。そしてまた迷ったら、質問シートを使って考えればその時にはまた違った状況の答えがでてきます。

 

どんな迷いごとにも使えて答えが出せる質問シート

 

この質問シートは、人間関係にも使えます。

ある人やグループとの付き合いで迷ったとき、あなたが今後どうしていくのか、付き合いを続けるのか断つのか、または会う回数を減らすのか、決断することができます。

私たちは思っている以上に付き合う人や周りにいる人たちから影響を受けますので、自分が普段どんな人たちに囲まれているのかを見ることは非常に大切なことです。

その他、仕事のオファーを受けるべきか断るべきか、大きな買い物をする時、旅行に行くか行かないか迷った時など、仕事でもプライベートでもどちらでも、どんな時でも使うことができます。

紙一枚とペンがあれば良いので、ぜひあなたが迷った時に使ってスッキリ答えを出してみて下さいね。