「言葉替えゲーム」を使って嫌なイメージを一気に取り除く!

言葉選びの重要性

以前「言葉は言霊」の記事でも書きましたが、言葉は本当に不思議な力を持っています。

普段使っている単語を変えるだけで、やる気がアップしたり、成果が出やすくなったりしますし、使う言葉次第で、自分の性格までをも変えることができます。

 

メンタルトレーナーとして有名な西田文郎氏の著書で、言葉を変えることで現実も変えてしまうという、興味深いことが紹介されていました。

 

勉強嫌いな子供に「勉強したの?」と聞くと、当然のごとながら不機嫌になります。これは、「勉強」という言葉に否定的な感情を持っているからです。優等生の場合は「勉強」という言葉を使っても心は傷つきませんが、できない子供の場合は、劣等感を感じまくっているので、さらにその上塗りをすることになります。(中略)子供のみならず、大人も同じで、たとえば、「仕事」という言葉を聞いただけで憂鬱になってしまうという人なら、朝に家を出るときに、「仕事に行ってくる」ではなく、「楽しみに行ってくる」と言いながら出ればいいわけです。

 

「本当にそんな簡単に行くのかな?」と思われるかも知れませんが、言葉のパワーは想像以上です。

言葉は直接脳に働きかけ、心に繋がり、そこで起こった気持ちは行動にも変化を呼び起こします。

 

ここで少し試してみましょう。

 

・ 明日も仕事だ
・ 仕事をしなければならない
・ 仕事がたまっている

 

仕事楽しみに変えてみます。

 

・ 明日も楽しみだ
・ 楽しみをしなければならない
・ 楽しみがたまっている

 

 

面白いですね(笑)

いかがですか?言葉から受けるイメージって、全然違いますよね。

 

これを読むだけでなく、実際に声に出してみるとその違いがよく分かるので、ぜひ試してみてください。

 

私はこの魔法のようなツールを、「言葉替えゲーム」と名づけ、コーチングのセッションでも使っています。

ゲームと名付けると、なんだかそれだけでもワクワクしてきます。

 

先日のクライアントさんはデザイナーさんで、「イラストの練習をしなければならないのに、やる気が起こらない」というお悩みでした。

色々とお話を聞きながらコーチングを進め、最終的に「イラストの練習がしたくなりました」というところまで来たのですが、私の中で何だか「練習」という言葉がとても引っかかっていました。

「練習=しなければならないこと」のイメージがある気がしたのです。

 

クライアントさんに訪ねてみました。

「練習という単語を、別の単語に変えてみるとしたら、何が思い浮かびますか?」

 

すると彼女は少し考えた後、元気よく答えました。

「落書き!イラストの練習ではなく、イラストの落書きです!」

 

そしてこう続けました。

「落書きって思ったら、好きなことを描けますよね。何を描いたって良いんだって思ったら、今すぐ描きたくなってきました!」と。

 

「落書き」という単語からイメージはさらに膨らみ、彼女が描きたいもの、使いたい道具、絵のイメージなど、いろんなことが次々と出てきました。

 

本当に不思議です。

 

「練習」という単語を使っていた時には出てこなかったイメージが、「落書き」という単語に変えた途端に溢れるように出てきたのです。

 

「言葉替えゲーム」はどんな単語にも使えます。

 

学校で出る「宿題」という単語も、良いイメージを持っている人は少ないでしょう。

これも「楽しみ」に変えてしまえば良いのです。

 

・ 「今日も宿題がいっぱいだ」 → 「今日も楽しみがいっぱいだ」

・ 「宿題をしなければならないから帰るね」 → 「楽しみをしなければならないから帰るね」

・ 「週末は宿題に時間を費やすことになる」 → 「週末は楽しみに時間を費やすことになる」

(笑)

 

文章を読むだけでもなんだか笑ってしまいますが、不思議なもので、これを聞いたあなたの脳は、自動的に、「おや?楽しいことがあるらしいぞ!?」と考え始めるのです。

 

そして、楽しいこと探しに取り掛かり、実際に楽しいことを見つけるように働きます。

 

人の脳は、それくら単純なところがあるのです。

 

 

「練習」という単語は、私の場合は「自信を付ける」という単語に変えています。

「ゴルフの自信を付けに(練習に)、行ってくる」

 

ジム通いも、「ジムに行く」という言葉を「自信を付けに行く」と変えれば、本当に自分に自信が付いてくる気がしてきます。

 

どんなネガティブなイメージを持つ単語も、こうしてポジティブに変えてしまうことで、自分の受けるイメージが一気に変わるのです。

 

病気も同様です。

 

「ガン」もいけません。「ガギグゲゴ」という音は、心を傷つけてしまうようなキツイ響きがあるからです。もし、「西田さん、胃ガンですよ」と言われたとしたら、私は気が小さいので、もうそれだけで生きていけなくなると思います。これこそ、優しい言葉に置き換えるべきです。実際に私は、医師達の集まるセミナーで、「ガンを”ポン”に変えろ」と、真剣に訴えています。「パピプペポ」は、優しい響きを持っている言葉だからです。実際、「あなたは”胃ポン”です」と言われたらどうでしょう。「ああ、胃ポンですか、そうですか。じゃ、ちょっとがんばろうかな」という気にもなるのではないでしょうか?少なくとも、ガンと言われてガーンとなるよりは、ダメージは軽減されることでしょう。このように、言葉はありがたくも恐ろしいものなのです。軽く考えてはいけません。

 

確かに、響きが全く異なりますよね。

 

これを読んで、「病気が見つかる」という文章の「病気」という単語を、思い切って「宝」と言い換えたらどうなるかな?と先日考えてみました。

 

「宝が見つかった」

 

こう考えると、病気になったことで見つかる「宝」が出てきそうな気がしました。

家族のありがたみが分かったり、人に支えられていることを感じたり、今まで当り前だったことが「宝」に見えてきたり・・・

 

その状況自体は変わりませんが、それをどうとらえるかは、いくらでも変えることが出来ます。

 

言葉や単語から、ネガティブで否定的な印象を受けるものがあったら、ぜひ「言葉替えゲーム」を始めて、あなたの良い言葉に変えて使ってみてくださいね。

 

その効果は、あなたの想像をはるかに超えるものとなるはずです。

 

↓おすすめの一冊

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA