学んだこと(インプット)を出力(アウトプット)して得られる効果

学んだ事をアウトプット

 

速読法を学ぼうと思って購入した、斉藤英治氏の『王様の速読術』。

何冊か読んだ速読本の中でも、この本が私には一番分かりやすく入ってきました。

 

王様の速読術』では、速読して知識を溜めるだけで終わらせず、その後に大切な「自分の脳で整理し、得た情報を加工し、そしてアウトプット(出力)すること」について大きく取り上げられています。

 

学んだこと(インプット)を自分の中に溜め込むのではなく、外へ出しましょう(アウトプット)、という意味です。

 

インプット(入力)→プロセッシング(加工)→アウトプット(出力)の流れを作る。

 

アウトプット(出力)することで、自分が良い情報を得たのかどうか、役立つものを得たのかどうかが判断できるとあります。

 

 

ンプットばかりをやっているとか、情報を長い時間をかけて蓄えてから「いつか、なにか大きなものを」などと考えていても、この能力は身につかないのである。だから出力された結果を見て、判断していく。

「もっとこういう情報を入れないとダメだな」と気づけば、今度はそのための情報を探すことになる。「もうちょっと加工技術が必要だ」とわかれば、考え方であるとか、発想方法、脳内を活性化させる方法を身につけていき、いい情報をよりよい生産物にしていく技術を学ぼう。

これを速いサイクルで繰り返して、脳を鍛えていくことだ。そうすればもはや、悪い情報に関わっている暇はなくなる。いい情報でなければ受けつけなくなるだろう。

- 王様の速読術(斉藤英治)より

 

 

知識を蓄えるだけの頭でっかちにならないよう、アウトプット(出力)することの大切さが分かりやすく説明されています。

 

確かに、頭では「知識として入った」と思っていたことでも、自分の言葉として誰かに伝えようと思った時、上手にまとまらないことがあります。

 

学んだことを自分なりの考え方でまとめ(加工)てから出して行くことで、新たな気付き、さらなる勉強が必要な部分、新たに興味が出て来たこと等の発見があります。

 

学んだことを実践することももちろん大切ですが、それを他の人に伝えることで、さらに学ぶことがある。

 

とても興味深い循環だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA