私たちは普段たった3%の力しか使っていない

すごい遺伝子のパワー

 

遺伝子工学の第一人者、筑波大学名誉教授の村上和雄さんの本からご紹介。

 

ここで言う遺伝子とは、親から受け継いだものだけではなく、生理現象(食べたり呼吸したり)や、心のあり方(悩んだり喜んだり)という、生命活動の全てと密接な関係を持つもののこと。

 

遺伝子は、私達の体を作っている細胞の「核」の中にあり、そこにあるDNAという物質が、「遺伝子」です。DNAはらせん状の2本のテープになっていて、4つの科学文字で表される情報が描かれています。これが遺伝情報であり、1個のヒト細胞に含まれる遺伝子の基本情報は、約30億個、という膨大な科学の文字で成立していて、成人の体はこの細胞が60兆個も集まって成り立っています。そして、体のどこの部分をとっても、そこには30億の情報が収められています。ヒトの体をつくっている60兆もの細胞は、どれも同じ情報を持っているのです。

 

 

どこをとっても30億の情報ってすごいですよね!?

髪の毛の細胞も、皮膚の細胞も、心臓の細胞も、全て同じ情報を持った細胞。

髪の毛は髪の毛、皮膚は皮膚、心臓は心臓と、それぞれがそれぞれの役割を持って働いています。

全部同じ情報を持ちながらも、それぞれの役割に合わせて、機能をオンにしたり、オフにしたりしながら遺伝子は働いています。

 

 

たとえば、胃の全的手術を受けても、胃の機能をある程度維持できるのは、他の内臓が必死に補おうとするからです。これは他の内臓の、胃としての遺伝子がオンになったということなのです。

 

 

私たちの体の中にある60兆もの細胞が、お互いに助け合ってるのですね。

 

そして、なんと遺伝子はたった3%しか働いておらず、残りはオフになっているのだそうです。

「火事場の馬鹿力」や、「思っても見ないほどの実力が発揮出来た!」などは良い例で、自分の中で今まで眠っていた遺伝子が目を覚まし、「オン」になったために、自分の中からの力を出せた訳です。

たった3%しか働いていない遺伝子。

 

眠っている残りの遺伝子を「オン」に自らすることが出来たら、可能性はどんどん広がりますよね?

次の記事では、そんなワクワクの遺伝子をオンにする方法をご紹介します。

 

 

↓ 本日の一冊

 

 

[ad#recmiddle]
[ad#recmiddle2]

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*


CAPTCHA