他人が羨ましく感じてしまうあなたへ-心を穏やかにする3つのコツ

パーソナルコーチ・リコ

 

人はどうしても他人と比べたがるもの。

「私はこんなに頑張っているのに、あの人は苦労もせずに出世している」、「あの人の自由な生活が羨ましい」、「あの人に比べて私ってどうしてこんなに出来ないのだろう」など・・・

他人と比べ、相手に嫉妬をしたり、自分の生活や環境に不平不満を言い続けていると、あなたは心の穏やかさをなくし、せっかくの幸せもどんどん遠のいて行ってしまいます。

どうしても他人が羨ましく思えたり、他人と比べたりしてしまうときに使える、「心を穏やかにするための3つのコツ」をお伝えします。

 

 

あなたは唯一の特別な存在であることを知る

 

あなたは特別な存在

 

当然ですが、誰一人として、「あなたと同じ人」は存在しません。

他の誰も「あなた」になることは出来ない、あなたはこの世で唯一の「特別な存在」です。

あなたが羨ましく思う人も、あなたと同じように、この世で唯一の特別な存在です。

 

私たちはそれぞれが別々に与えられた人生があり、それぞれがその道を一生懸命に生きています。

当たり前のように思えるこのことを忘れてしまうから、「他人と比べてしまう」のです。

そもそも、それぞれの存在が全く異なるものだと気付けば、比べること自体が無意味なことだと分かることでしょう。

 

私たちは、他の誰かになることは出来ないし、同様に、他の誰かは私たちになることは出来ないのです。

 

あなたは、「劣って」はいない。

あなたは、「勝って」もいない。*

あなたは、ただ「あなた」であるにすぎない。

自分を他人の基準で判断するのはやめよう。あなたは「他人」ではないし、「他人」の基準に達する必要もない。

「他人」もまた、あなたの基準には達しないし、達する必要もないのである。

あなたの目標は、あくまでも自分のユニークな人格と成果を生み出すことなのだ。

 

*日本語訳では「あなたは、優れてもいない」となっていましたが、私個人的には、原語(英語)の”You are not superior.”は、流れから言って、「(他人と比べて)あなたは勝ってはいない」という意味で捉えた方が良いと思い変えています。

 

私たちは、それぞれが違っていて当然なのです。

得意なこと、不得意なこと、運動神経、性格から容姿まで、どれをとっても、私たちは全員が異なるものを持っています。そのため、誰かと比べれば必ず、相手よりも優れた部分、劣る部分は出てきます。

 

他の誰も「あなた」にはなることが出来ません。あなたには、あなたにだけ用意された特別な人生というものがあります。そしてそれはとても貴重な人生です。

 

他人を意識しすぎると、もったいないことに、あなた本来の力を発揮できなくなったり、せっかくのチャンスに気付かなかったりと、よくないことを招きます。

あなたのためにせっかく用意されている素敵な人生を、しっかりと味わえなくなってしまうからです。

誰かと比べるのではなく、あなた自身に集中し、今あなたに与えられた環境で一生懸命生きることをまずは心がけてみてくださいね。

 

 

小さなことにも感謝する心を忘れていませんか?

 

パーソナルコーチング・リコ

 

二つ目は、「どんなことにも感謝をすること」を習慣付けることです。

他人を羨ましがってばかりいる人は、その人の目の前にある幸せやありがたさに気が付いていません。

 

今すぐ、あなたが感謝できることを、どんな小さなことでもよいので、5つ書き出してみてください。

 

どんなことが浮かびますか?

 

・ 生んでくれて育ててくれた両親や家族
・ 子供
・ 仕事があること
・ 友人
・ 健康な体があること
・ 美味しいものを美味しいと味わえること
・ 暮らしていけるだけの収入があること
・ 毎晩眠る家があること
・ 家族が元気なこと
   ・・・・・

 

5つ挙げて下さいと書きましたが、おそらく5つでは足りないと思います。挙げられるだけ挙げてみてください。

 

では質問です。

 

「あなたが挙げたものの中から、どれか一つ取り上げますと言われたら、『分かりました、これを上げます』と言えるものはどれですか?」

 

どれかを選ぶことはできましたか?

 

おそらく、あなたがありがたいと思っているものの中から、捨ててもよいものなんてないでしょう。

どれもが、あなたにとっての『幸せの種』となっているからです。

 

あなたは、この中のいくつのものに対して、毎日真剣に感謝をしていますか?

 

今当たり前だと思っていることが5分後には当たり前でなくなっているかも 」の記事でも書きましたが、あなたが今当たり前だと思っていることは、あと5分後には当たり前ではなくなっているかも知れません。

 

いつまでも他人を羨ましがって『ないものねだり』をしている間に、あなたの幸せな時間は逃げていってしまうのです。

このことによく気付けば、他人と比べている暇など自然となくなって行くでしょう。

 

 

本当にその人の人生と変わりたいですか?

 

他人を羨ましく思う時

 

三つ目のコツです。

まずは、あなたが羨ましいと思っている人、どうしても嫉妬してしまう人を思い出してみてください。

 

その人の人生とあなたの人生、そっくりそのまま入れ替わっていいですよ、と言われたらあなたはどう思いますか?

 

あなたが羨ましいと思うその人の一部分だけではありません。その人の人生、全てです。

 

当然あなたは今の家族ではなく、相手の家族と過ごす人生となります。仕事先の同僚、その他関わる人たちすべて、あなたは今の人たちを失い、相手が過ごしている人たちと過ごします。そして、その人が過去に遭った辛いこと、困難、今でも人に言えない悩みごとなども、全て引き受けるのです。

 

いかがですか?

 

その人の羨ましいと思える部分以外では、その人も苦労をしているのかも知れません。人に言えない悩みを抱えているかも知れません。家族関係や人間関係で嫌というほど辛い思いをしているかも知れません。

 

これでも、あなたはその人の人生を羨ましいと思いますか?

 

他人が良く思えたり、嫉妬してしまうのは、ほとんどの場合、その人のたった一部しか見ていないからです。

 

本当はどんな思いをしていて、どんな人生を歩んで来てそこまで来たのか、あまり人は見ようとしません。都合よく、良い部分しか人は見ないからです。

 

本当はその人だってあなたと同じように悩んだかも知れません。

あなたと同じように辛い時期があったのかも知れません。

私たちはそれぞれが、それぞれの人生を一生懸命生きている、ということをどうか心にとめておいてください。

 

ここで、ひとつの禅語をご紹介します。

 

『心外無別法(しんげむべっぽう)』
すべての現象は、人の心の現れであり、人の心によって起こるもの。

 

十分に恵まれているのに、自分は不幸だという人がいます。

まわりから見れば、何の不足もないのに、それでも自分は不幸だという。

こういう人はきっと、不幸の種を見つけるのが趣味なのでしょう。いってみれば「不幸思考」なのです。

不幸にならないためにすることは、一つ。それは不幸と感じないことです。

人生にはいいことも悪いこともたくさんあります。毎日のように小さな悪いことに遭遇する。

それをいちいち不幸だと感じていたら、それこそ不幸だらけの人生になってしまいます。それではつまらないと思いませんか。

小さなことも幸せを感じる心。そして少々悪いことが起こっても、鈍感になれる心。この二つの心をもつことです。

人生をシンプルにする 禅の言葉 (枡野俊明)より

 

まとめ

 

他人を羨ましく思った時

 

どうしても他人を羨ましいと思ってしまったとき、この3つのコツを思い出して下さい。

 

1.  あなたは唯一の特別な存在であることを知る

2. 感謝できることをどんな小さなことでも書き出してみる

3.  本当にその人の人生と変わりたいか考える

 

せっかくあなたとして生まれて来た人生です。あなたらしく、思い切り素敵に生きてみませんか?

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA