心配事の92%は実際には起こらない – 不安を解消する4つの言葉

心配事の92%は実際には起こらない

 

心配事の92%は実際には起こらない

 

 

アメリカの自己啓発のパイオニアと呼ばれる、アール・ナイチンゲールの言葉です。

 

心配事の92%は実際には起こらないアール・ナイチンゲール

 

アール・ナイチンゲールは、心配事をこのように分析しています。

 

・ 実際に起こり得ないことへの心配 40%
・ 過去にすでに起こったこと 30%
・ 不必要な健康に関する心配 12%
・ 細々とした不必要な心配事 10%

 

これを全て足すと92%、つまり残りの8%のみが実際に起こり得る心配事。

 

「9割以上が無駄な心配」ということになります。

 

私たちは、つい過去に起きたことをいつまでも悔やんだり、実際に自分ではどうすることも出来ないことを心配したり、こうなったら嫌だな、ということを考え過ぎてしまったりします。

 

気を揉んで胃が痛くなるほど心配したのに、後になってみると、「どうしてあんなことで悩んでいたのだろう?」という出来事や、実際には大したことはなかったこと、もしくは、忘れた頃に問題は解決していたことなど、思い当たることはありませんか?

 

結局は大丈夫な問題に、無駄な心配に時間を費やすのはもったいないですよね。

 

しかし、残り「8%」の心配事が実際に起きてしまった場合どうしたらよいのでしょう?

 

 

心配していたことが起こった時に絶対使える「3つの言葉」

 

「口ぐせ」がどれほど人に影響を及ぼすのかについて、多数著書のある「佐藤富雄」さんの文章をご紹介します。

 

1.自分に起きることは、いかなることも自分にプラスになることである。

 

2.自分に起きることは、いかなることでも自分で解決できることである。(自分に解決できないことは、自分には起きない)

 

3.自分に起きた問題の解決策は、思いがけない方角からやってくる。だから、今お手上げ状態でも決してめでてはならない。

 

 

2番目の、「自分に起きることは、いかなることでも自分で解決できることである」は、「自分だけで全ての問題を解決出来る」という意味ではなく、自分だけでは無理な問題が起きたとしても、必ずその解決策はやって来る、という意味です。

 

例えば、その問題を助けてくれる人が思いがけないところから現れたり、思わぬアイディアが見つかったり。

方法はどうであれ、解決策は必ず現れてくれるのです。

 

 

まとめ

 

「もうだめだ!」と思いそうになったら、ぜひこれら4つの言葉を思い出してください。

強い自信になるまで自分に言い続け、「これでよし!」と思えたら大丈夫です。

 

1. 心配事の92%は実際には起こらない

2. 自分に起きることは、いかなることも自分にプラスになることである。

3. 自分に起きることは、いかなることでも自分で解決できることである。(自分に解決できないことは、自分には起きない)

4. 自分に起きた問題の解決策は、思いがけない方角からやってくる。だから、今お手上げ状態でも決してめでてはならない。

 

不安になった時に助けてくれる言葉です。

 

↓本日の一冊

 

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA